フリーターがキャッシングできる?

正社員の割合が年々減り、フリーターや派遣社員・パートで働く人が増えていますね。生活費に困った場合、キャッシングをする場合もあると思います。もし複数のアルバイトをしていてキャッシングを申し込みたい、という場合どうすればよいでしょうか?

実は自分がその立場なのですが、可能か不可能かと言えば、可能です。でも、いろいろ条件が厳しくなってしまいます。

キャッシングをする会社からすれば、相手が「安定した職業についている」ということを重視するため、アルバイトをしているということが不利に働くようです。どの程度不利か、については借りる金額や他に借りているかなどの条件で違ってきます。ただ正社員より不利であることは間違いないでしょう。

少額で高金利であれば審査してもらえることもあります。でも、調子に乗って繰り返し借りていると、塵も積もれば山となるというようにあっという間に金利が膨らんでしまいます。アインシュタインは「最大の発明は複利である」と言ったそうですが、それがプラスに働けばいいのですが、この場合マイナスに働いてしまうのです。

複数のアルバイトをしている場合、源泉徴収の提出で審査が通ることはありますが、自分の経験上50%ぐらいの成功率です。そして、勤続年数が10年以上あるので通ったのかもしれません。すぐに職を変える人は審査に通りにくいかもしれませんね。あと、勤めている会社が安定している会社、社会的に認知されている会社であることも条件だと思われます。