月別アーカイブ: 2017年10月

弁済をラクにする施術

キャッシングを複数の会社で利用していると、支払いがより大変になっていきます。
1オフィスの場合にはリボ支払いで空きを持ちながら月額元金を立て直すことができますが、複数の会社を利用すると、
1回の返済額は少額でも利用する店の人数だけ倍額に増えてしまうので、毎月の支払い恐怖が増えて行きます。
しかしながら、有料でキャッシングを利用していることもある結果、かなり貸付が減らず逼迫して行くという自体が起こってしまうわけです。
こういう時には、借り換えの形式を図ると良いでしょう。やっぱ返済する店を1オフィスに絞るために様々なことをするべきです。
まずは、自分がどれくらいの元金を借りているかを会社ごとに書き出していきます。
そして、至高借入金が乏しい店と、次に安い店を見比べます。大きい額の店に貸付のスポットを総するように来月にしていきます。
具体的には、月賦費用いっぱいに元金を借りて、至高少ない店の残金をゼロにしてしまう。
そうして、借入をする店の人数をおんなじサマリーで減らしていけば大抵1オフィスか多くても2オフィスくらいになります。
これくらいの人数になれば、断じて問題なく支払いがスムーズに行えるようになります。
月賦費用の増額お願いをこまめにしておくと、再度少なく1オフィスに取りまとめることが可能です。

キャッシング 利息の上限と重視すべきポイント

利息は法律により上限が定められています。金融業者によってはその上限より低めに設定している業者もありますが、逆にキャッシング金利は年20%以上だと刑罰処罰の対象となり、10万円未満は20%、10万円以上1~00万円未満は18%、100万円以上では15%が上限となっています。これらは年利で実際には返済にかかった日数で計算するので返済期間が長くなると利息は増えます。

消費者金融の中には無利息キャンペーンを行っているところもありますが、無利息キャッシングで得をするのは短期で返済が可能になる人だけです。一括での返済が不可能な人は無利息キャンペーンに釣られずにきちんと契約内容を比較した上で金融業者を選ぶことが大切です。キャッシングをする際に最も重視すべきポイントは通常金利ということが出来ます。

アルバイトでもキャッシングを利用できる?

アルバイトでも条件を満たせば、キャッシングを利用できる可能性があります。

細かい条件は業者によって異なりますが、年収100万円以上稼いでいる、同じ職場で半年以上継続して勤務をしている人であれば、審査に通る可能性が高くなります。

ただ、年収が低い場合、限度額に大きな影響が出ます。

総量規制の対象となる消費者金融の場合、年収の1/3までしか借りることができない為、年収が低ければそれだけ利用できる金額も少なく設定されることになります。

その為、高額な借入は難しいことがありますが、審査に通ることができれば、キャッシングの利用は可能です。

審査に落ちた場合、信用情報に影響が出る為、勤続年数が極端に短い人の場合、まずは半年は働いた上で申し込みをすることがおすすめです。